【高知】仁淀川の紙こいのぼりイベントへ行った感想や駐車場・アクセス情報について

仁淀川紙こいのぼりイベントの写真

GW休みの間に、高知県いの町のこいのぼりイベントへ行ってきました!

いの町は昔から「紙のまち」として栄えてきた町。近くに流れる清流・仁淀川(”仁淀ブルー”と呼ばれる綺麗な水の川です!)の恩恵を受け、土佐和紙がつくられてきたところです。

そんないの町では、毎年5月に町の特産である「不織布」でつくられた紙こいのぼりが仁淀川を泳ぐイベントが開催されています。その数なんと350匹!!

雑誌などで写真を見て以来、「一度は仁淀ブルーをこの目で見てみたい!!」と思っていたので、今回GWに子どもたちと一緒に遊びに行ってみることにしました。

では、さっそく仁淀川の紙こいのぼりイベントへ行った感想やアクセス、駐車場情報について紹介していきますね。

いの町『仁淀川紙こいのぼりイベント』レポ

仁淀川の写真

いの町「紙こいのぼりイベント」の場所はこちら!!NI・YO・DO・GA・WA!!!

なんというか、この景色だけで「来てよかった~!」と思えるくらい綺麗な風景でした。青い空に、白い雲、そして山の緑なんて、ホント癒し……!さすが「仁淀ブルー」と言われるだけあって、水も綺麗な川でした。

どれくらい綺麗かというと……

仁淀川の水の写真

こ、これで伝わりますかね……?(汗)写真じゃよく分からないかもしれませんが、めちゃくちゃ澄んだ水ですっごい綺麗なんです!写真じゃ分からないかもしれませんが……;(2回言っておく)

仁淀川の紙こいのぼりイベントの写真

そして、この清流・仁淀川で開催されているのが紙こいのぼりイベント。水の中には色とりどりのこいのぼりが悠々と泳いでいました。このイベントが始まったのは平成7年なので、10年以上も続いているイベントなんですね。

仁淀川紙こいのぼりイベントでカヌーをする人の写真

川にはスタンドアップパドルボード(※板の上に乗ってパドルを漕ぎながら水上を散歩するアクティビティ)なんでしょうか、楽しそうにスイスイ遊んでいる人たちの姿もありました。

仁淀川紙こいのぼりイベント会場の写真

一方、地上では棒にひっついた大きなこいのぼりを凧のようにして遊んでいる人たちも。うちの子どもたちもチャレンジしてみましたが、この日は風がとても強くて、しっかりと棒を持つだけでも大変そうでしたよ。

仁淀川紙こいのぼりイベント屋台の写真

屋台も色々でていたので、この辺りを散策するだけでも楽しめます。

仁淀川の写真

紙こいのぼりを川辺から見るとこんな感じ(癒しの風景が広がっています……!)。こちらからだと少し分かりにくいので、写真撮影をするなら橋の上から撮るのがおすすめです。

仁淀川紙こいのぼりイベントの写真

ちなみに、こちらが橋の上から撮影した写真。インスタ映えを狙った写真をおさめるなら、ぜひこちらで撮影しましょう。今回、川辺で遊んだくらいで特になにもしなかったんですが、この景色を眺めるだけでも気持ちよくって、行って満足でした!

仁淀川『紙こいのぼりイベント』アクセスについて

仁淀川紙こいのぼりイベントの写真

仁淀川の紙こいのぼりイベントへのアクセスは、車で行く場合、伊野ICより車で約15分。電車で行く場合は、 JR「伊野駅」より徒歩約15分です。また、バスで行く場合は、仁淀川橋東詰バス停(県交北部交通バス)下車後、徒歩10分ほど。

今回、私は車で行きましたが、伊野ICを降りてしばらくすると車の量が多くなり、会場となっている橋の上はとても混雑していました。

GW中に開催されるということもあり、混雑するのは必至。ある程度の渋滞は覚悟しておいた方がよさそうです。

仁淀川『紙こいのぼりイベント』駐車場について

仁淀川紙こいのぼりイベント駐車場の写真

仁淀川紙こいのぼりイベントの駐車場は、写真にもあるように川沿いの土手の上です。帰る車の通り道を確保するため、道の片側にしか車が停められないようになっているので、もちろん停められる台数には限りがあります。

駐車場の入り口には警備員さんが立っているんですが、残念ながら満車。「車を停めて空車になるまで待つスペースもないので、しばらくしてからまた来てください」と言われ、周辺をぐるぐると走らせることに。

仁淀川紙こいのぼりイベント橋の上の写真

ただ、駐車場に入りたい車はその辺にうじゃうじゃいて、なかなか車は停められません。結局うちは祖父だけ車に残って辺りをうろうろしてもらうことにして、子どもたちと夫、祖母、私で会場へ行くことにしました。

紙こいのぼりは会場である仁淀川の上を通る橋からも見えるので、「そんなに長時間駐車場の空きがでるまで待てない」、「どんな様子か分かればそれでいい」という人は、橋の上から眺めるだけでもいいかもしれませんね。

とはいえ、会場では屋台もたくさん出ていてお祭り気分が味わえますし、綺麗な水辺で遊ぶのは子どもにとっては楽しいでしょう。GW中に高知へ遊びにいく機会があれば、いの町の紙こいのぼりイベントに足を運んでみてはいかがでしょうか。

みんなのおでかけ情報を参考にする!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です