おでかけ

子どもと飛行機に乗るときの注意点。持っていくと役立つグッズ・アイテムをご紹介

飛行機アイキャッチ画像

子どもと一緒に飛行機に乗るときは、「耳が痛いと言わないだろうか」「機内で退屈しないだろうか」など、いろいろと心配があるかと思います。大人なら我慢できることも、小さいお子さんともなれば、それが難しくなってしまいますよね。

特に、初めて飛行機に乗る場合だと、なおさらその不安が大きくなるでしょう。私も子連れで初めて飛行機に乗ったときには、子どもが「耳が痛い」と泣いて大変な思いをしました。

このページでは、子連れで飛行機に乗るときの注意点や、あると便利なお役立ちグッズ・アイテムを紹介しています。よかったら、子どもと飛行機に乗るときの参考にしてみてくださいね!

子どもと飛行機に乗るときの注意点

子どもと一緒に飛行機に乗るときは、いくつかの注意点があります。

搭乗する飛行機で利用できるサービスをチェックしておく

航空会社では、子連れファミリー向けのサービスがあるところもあります。チャイルドシート、ベビーベッドなどを利用する場合は、事前予約が必要なものもあるので、利用する航空会社を決める前に一度チェックしてみましょう。

個人的には、小さいお子さんがいるならLCCよりもサービス面が充実しているANAやJALなど大手航空会社の飛行機を利用するのがおすすめです。

ミルクの作り方の研修を受けているなど、子連れファミリーにも寄り添ったサービス提供を心がけているようなので、安心して利用できます。

座席はお子さんの年齢・性格によって選ぶのがおすすめ

私は景色を楽しみたいタイプなので窓際の席が好きなんですが、子連れで行くときには自分の好みだけで席を選べません(笑)。

たとえば、おむつ替えやトイレなどで頻繁に席を離れるのなら通路側の席の方が便利ですし、一度飛行機に乗ったらぐっすり眠ってくれるというのであれば、窓際の席にした方がゆっくりと寝れますよね。

あと、大きなモニター前は足元が広いですし、子どもが前の座席を蹴るようなことがあっても、安心です(きちんと注意は必要ですが)。

搭乗スケジュールを立てておく

空港に着いてから、搭乗までのスケジュール立てもしておいた方がベター。「軽めの食事はこのタイミングで」「おむつ交換はこのタイミングで」というように、大方のスケジュールを立て、そこから逆算して自宅を出る時間を決めるのもいいですね。

搭乗手続きなどで、意外と時間がかかることもあるので、余裕をもって早めに空港に行っておくのがおすすめです。

搭乗前はキッズスペースで思い切り遊ばせておく

空港にはキッズスペースがあるところもあるので、搭乗前にそこで子どもを思う存分遊ばせて、疲れさせておくというのも一つの手。

私も息子が2歳のときに初めて飛行機を利用したときは、この手法をとりました。そのあと飛行機の座席に座ってしばらくすると、息子はスヤスヤと夢の中へ……。離陸時の大きな音をBGMにフライト中はずっと寝ていました(笑)。

周囲のお客さんに声をかけておく

小さなお子さんを連れていくときに、気になるのが周囲の目ではないでしょうか。「子どもがギャン泣きして迷惑かけたら、どうしよう」という不安は、初めて飛行機に乗る場合だと、なおさら大きいと思います。

そこで、ぜひ実践してほしいのが「周囲のお客さんに声をかける」ということ。「子どもだから泣いて当然」と逆に開き直って横へいな態度を取られると、やはり周囲もいい気はしないでしょう。

「ご迷惑をおかけすることがあったら、すみません」と声をかけたら、逆に子どもが泣いたときに親切にしていただいた経験もあります。

子どもが泣き止まなかったら、お父さんやお母さんも焦ってしまいますが、事前に対策できることは準備しておくと、こちらの気持ちも少し変わりますからね。

機内で耳が痛くなるときの対策

離着陸時の「耳が痛い」という子どもへの対策も、しっかりと行っておきたいところ。主な対策は次の3点です。

注意点
  1. キャンディーやグミなど、あごを動かして食べるおやつを食べさせる
  2. 授乳する
  3. 耳栓をする

耳が痛くなるときは、唾を飲み込む回数を増やすこで、改善されやすくなるそうです。

お子さんの場合、離陸前や着陸前からキャンディーを舐めたり、グミを食べたり、ガムを噛んだりすれば、自然と唾を飲み込みやすくなります。

まだキャンディーなどを食べられない年齢のお子さんなら、離着陸時に授乳をするのがいいんだとか。授乳のタイミングがうまくいけば、耳の痛みを緩和させられるかもしれませんね。

対策の一つに「耳栓をする」というのもありますが、うちの子どもは耳に違和感があるようで、すぐに取ってしまいます。どの方法がベストかは、お子さんによって変わると思うので、おやつや耳栓を準備して、色々と試してみるのがおすすめです!

子連れで飛行機に乗るときに役立つグッズ

子どもと一緒に飛行機に乗るときに、あると便利なお役立ちグッズを紹介します。

便利グッズ
  • 折り紙・・・折って楽しむのはもちろん、お絵かきノート代わりにしたり、パパやママが絵を描いてあげて塗り絵をしたりと、用途もいろいろありますよ!
  • ノートと色鉛筆・・・お絵かき用に。ノートを千切って、折り紙にするのも◎
  • 絵本・・・お気に入りの本がおすすめ!
  • シールブック・・・100均にも売っているので、数冊購入するのも◎
  • ぬり絵・・・同じく100均で手に入ります
  • 音が鳴らないおもちゃ・・・音が鳴るものは周囲の迷惑になるので、音が鳴らないお気に入りおもちゃを持っていきましょう
  • ipadなどのタブレット機器・・・キッズ映画やアニメをダウンロードして見せておく方も多いようです。イヤホンも忘れずに!
  • おやつ・・・ポロポロこぼれないものがおすすめ◎
  • 離乳食・・・機内食で離乳食が出るところもありますが、口に合わなかったときのことも考えて、普段よく食べるものを持っていくと安心です
  • ウエットティッシュ・・・口や手が汚れたときに重宝します
  • 着替えの服・・・食事やおむつ交換のときに服が汚れることもあるので、念のため

荷物は多くなりますが、特に初めて子連れで飛行機に乗る場合は、いろいろ持っていった方が安心です。

数回乗ると自分の子どもに必要なものも分かってくるので、荷物は減っていきますよ!

まとめ

飛行機の翼と空の写真

子連れで飛行機に乗るときは、何かと心配が多くなりますが、対策はしておいて搭乗前の不安は出来るだけ取り除いておきたいですよね。

困ったことがあれば、客室乗務員さんに声をかけるのも一つです。子どもが泣き止まないと、焦ってしまこともありますが、まずは深呼吸してパパやママが落ち着くことも大切かもしれませんね。