【レポート】2018年版『1789-バスティーユの恋人たち-』大阪公演(加藤・夢咲回)を観にいった感想

2018『1789』ポスター写真

加藤和樹さんが好きなので、加藤さん出演の舞台は必然的に観劇候補の一つになります。

私はまだまだ舞台歴は浅くて知識はあまりないんですが、「『1789』は観ておいた方がいいよ!」と舞台通の友達に教えてもらっていたので、今回大阪・上本町にある新歌舞伎座で上演された『1789-バスティーユの恋人たち-』を観劇してきました!

一言でいうと、役者さんたちのパワーが爆発した舞台

キレのいい激しいダンスや多彩なナンバーがよかったのはもちろんのこと、怒り、悲しみ、喜び、切なさなど感情が溢れるストーリー展開には、どんどん惹きこまれていきました。

今回は、そんな『1789-バスティーユの恋人たち-』大阪公演(加藤・夢咲)の前楽公演のネタバレ感想を紹介しますね。

『1789-バスティーユの恋人たち-』あらすじ

2018『1789』ポスター写真

舞台は18世紀末のフランス。

貴族は華やかなパーティを開いて贅沢なくらしをする一方、民衆は食べるものもままならず、貧困にあえいでいる時代です。

農夫であるロナン(小池・加藤)は父を貴族に殺されたことをきっかけにパリへ行き、そこで革命家のロベスピエール(三浦涼介)、ダントン(上原理生)、デムーラン(渡辺大輔)と出会い、いまのくらしに革命を起こすため一緒に活動を始めます。

対して、オランプ(神田・夢咲)は宮廷に仕える待女。主であるマリー・アントワネット(凰稀・龍)から厚い信頼を寄せられている彼女は、ある日マリーとフェルゼン伯爵(広瀬友祐)の逢瀬の手引きをするためパリに行くことに。

ロナンとオランプはこのときに出会い、最初は反発し合いながらも恋に落ちていきます。

貴族に不満を抱いて革命を起こそうとする者と、貴族たちの住む宮廷に仕える者。

身分の違う2人が次第に惹かれあい、恋に落ち、苦悩していくなか、1789年、革命の火蓋であるバスティーユ牢獄襲撃が起こるーーー。2人はどうなってしまうの?!革命はどうなるの?!・・・というのがざっくりとしたあらすじ。

今回、あらすじとか人間関係をきちんと頭に入れずに観劇に臨んだので、登場人物を把握するのに時間がかかりました・・・。

学生のときも日本史を選択していたので、世界史の知識も曖昧で時代背景も「えっと、確かこんな感じだっけ?」とうろ覚え(笑)。

今回、やっぱり観劇前はある程度の知識は入れてから観た方がいいなと、改めて実感いたしました・・・!

今回観た『1789-バスティーユの恋人たち-』について

今回、私が観たのは2018年6月24日(日)の13:00昼公演。上演されたのは大阪天王寺区の上本町にある新歌舞伎座でした。

2018『1789』大阪公演写真

キャスト

主要キャストは以下の通り。

  • ロナン:加藤和樹
  • オランプ:夢咲ねね
  • マリー・アントワネット:龍真咲
  • シャルロット:山口陽愛
  • ルイ・ジェセフ:陣慶昭

加藤さん・夢咲さん大阪千秋楽公演でした。

上演時間

  • 第1幕:13:00~14:25
  • 休憩:30分
  • 第2幕:14:55~16:00

上演時間は合計3時間と、平均的な長さでしたね。

2018年版『1789-バスティーユの恋人たち-』大阪公演のネタバレ感想

さて、ここからは2018年版『1789-バスティーユの恋人たち-』大阪公演の感想をレポートしていきます。ネタバレも含まれていますので、ご注意ください!

2018『1789』ポスター写真

えっと、端的に感想を述べるなら、「パワーに圧倒された・・・!」って感じでしょうか。

ダンスも激しくてキレキレなのが多かったし、曲もいろいろあるし、革命っていうだけあって怒りとか悲しみとか、そういう感情が爆発してた舞台だなと思いました。

人数多めで歌う歌や踊るダンスがめちゃくちゃ印象に残っているからか、本当に一体感がすごくあるなと感じたし、それが革命を起こす人たちの結束力のようにも見えて、鳥肌が立つシーンも多かったです。

加藤さんのロナンは声がキリッとしているからか、しっかり者という印象。かと思えば、はにかむように笑うところなんかは可愛くて、「キュ-ン♡」ってなった。愛しい・・・。

牢獄に投獄されて鞭を打たれたり、烙印を押されたりして拷問を受けるシーンは、2016年に上演されたミュージカル『フランケンシュタイン』を思い出したという人もいるんじゃないでしょうか。

加藤さんって、なぜかそういうシーンが似合う・・・。めっちゃ苦しそうな表情なんですが、イイ男が悶え苦しむ姿に見ててゾクゾクッとしちゃいました。すみません。

夢咲さんオランプは、知性があって芯のある強い人なんだろうなと思わせる女性って感じ。ちょっと茶目っ気があるところは、女の私から見ても「可愛いな、オイ」って思わず言っちゃう可愛らしさがありました!

観ていて疑問に思ったのは、「この2人いつ恋に落ちたの・・・?」というところ。正直、好きになったタイミングが分からなくて、それだけが「ん・・・?」ってちょっと気になりました。

あと、物語終盤に男女ペアで歌う「サ・イラ・モナムール」のシーン・・・キスし過ぎじゃないですか?!

いまから戦いに行くという前なので、感情が高ぶっている(最後の別れかもしれないし)のは分かるんですが、めっちゃみんなキスしてる・・・!ってそっちが気になっちゃって集中できなかった(笑)。

逆に愛が安っぽく見えちゃうんじゃ・・・と思うんですが、その辺はどうなんでしょう。

とはいえ、全体を通しては観に行ってよかったと思えた大満足の舞台でした!

胸がつまるような息苦しさを覚えるシリアスなシーンだけじゃなくて、合間に入るコミカルなシーン(特にラマールが絡むところ)もあったりして、トントン物語が展開していくので、あっという間の3時間。

エンターテイメントがこれでもかというくらいたっぷりと詰まっていて、本当にとても見ごたえのある舞台でした!

2018年秋ごろにはDVDが発売されるということなので、今回は観られなかった小池ロナン、神田オランプバージョンもチェックしたいと思っています♪

『1789』で印象に残った5人のキャスト

ざっくりとした感想に続いて、次は今回の『1789』で印象に残ったキャストさんを紹介します!

ロビスピエール役 三浦涼介さん

今回、三浦さんが一番目立っていたのが2幕冒頭の『誰のために踊らされているのか?』。

「え?なにコレ!!三浦さんかっこよすぎじゃない!!!」と興奮してしまうほど、キレッキレのダンスと力強い歌声に、もう目が奪われましたよね。

今回の再演であとから加入した新メンバーということもあり、相当気合も入っていたと思います。

ほかの人の感想を読んでいても「三浦さんすごい!!」っていいコメントが多くて、「ああ、分かる!分かるよ!!」と激しく同意。

フェルゼン役 広瀬友祐さん

2人目はフェルゼン役の広瀬さん。王妃マリー・アントワネットと思いを通わせるクールな伯爵なんですが、その胸に秘めた静かな熱い思いが溢れでてる感じがたまらなくいい・・・!!

「私は貴女と、貴女が一番大切に思うご家族を守りたいのです」っていう台詞もよかったなぁ。2人は思い合っているけど、アントワネットは夫の側にいることを選んで、フェルゼンとはもう会えないって言う・・・その切なさ!!

王妃の元を去るフェルゼンに胸がぎゅぅぅって締めつけられた。

アルトワ役 吉野圭吾さん

悪役だけど、もしかしたら今回一番好きだったかも。特に、オランプをものにしようとするシーンの曲「私は神だ」がよかったです!!

やたら催眠術でオランプを落とそうとするところとか、曲中の謎のマジックには笑ってしまいましたが(笑)、「私の愛を受け入れるならば 至上の悦楽お前に授けよう」とか「他の女には経験できない 究極の悦楽貪りつくすのだ」とか歌詞もエロティックで、「大人の男の色気で勝負だ!!」って感じでしたね。

ペイロール役 岡幸二郎さん

岡さんは歌声がホントにかっこよくて、しびれるようなハスキー低音ボイスが魅力的でした。

鞭や烙印でロナンを拷問するシーンや「国王陛下の名のもとに」でロビスピエールを踏みつけるシーンのドSっぷりも最高!!

吉野さんと岡さんは大人の男の色気が漂っていて、個人的にとても好きなキャラクターでした。

ラマール役 坂元健児さん

もう言わずもがなという感じ。この人がいなかったら、きっと重たすぎる舞台になってたんじゃないかというくらい、ラマールの役どころは重要でしたね。

脇役なのに存在感があって、ラマールが登場すれば「次はなにをやってくれるんだ」という期待でいっぱいになる(笑)。めっちゃ笑わせてもらいました!

さいごに

2018『1789』ポスター写真

『1789-バスティーユの恋人たち-』観にいって本当によかったです!元気が出た。これでまた次の観劇まで頑張れます!

行けることなら、小池ロナンと神田オランプも観たかったし、違うカップリングも観てみたかったんですが、秋にはDVDが発売されるということなので、それまで我慢します。。。

新歌舞伎座は初めて行ったんですが、舞台と客席との距離も近くて臨場感が伝わってくる劇場でした。上本町YUFURAという商業施設内にあるので、観劇前後の食事や買い物にも便利なところですね。

舞台を観にいくことは私の活力なので、今後も引き続き観劇ライフを楽しみたいと思います♪

新歌舞伎座近くのおすすめマッサージサロンはこちら

▼地下鉄「上本町駅」より徒歩2分の「眼と頭のリフレッシュサロン 眼のチカラ」レビュー

【口コミ】イーパークリラク&エステで無料マッサージ体験!大阪・本町でおすすめのサロンはここ

2018.07.03

★人気ブログも参考にしてみてください
シンプルライフランキング
自分らしさランキング
ブログ村 主婦日記ブログ
アラサー主婦ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です