【レポート】2018リカちゃん展@明石市立文化博物館に行ってきた感想

リカちゃん展看板

かわいいお洋服を着せたり、一緒にお風呂に入って髪を洗ってあげたり……と小さいころ、私の遊び相手になっていたものの一つがリカちゃん。

ぱっちりお目々の可愛い顔立ち、すらりと伸びた手足、素敵なお洋服は憧れだったな~と懐かしく思います。

そんなリカちゃんは、今年でなんと生誕50周年!そんな節目の年の記念ということで、全国で「リカちゃん展」が開催されているのはご存知ですか?

私もたまたまママ友にチケットを譲ってもらったので、子どもたちを連れて遊びにいってみることにしました!今回は、リカちゃん展の内容や感想、今後のスケジュールについて紹介します。

リカちゃん展とは

リカちゃん展

リカちゃん展とは、昭和42(1967)年に誕生した着せ替え人形「リカちゃん」の生誕50周年を記念した展覧会。「Licca meets Licca」というテーマのもと、世代をこえて愛されるリカちゃんの歩みをたどっていきます。

リカちゃんの公式サイトでは、以下のようなところが見どころだと紹介されていました。

・約580体のリカちゃんや家族、お友達を通して、当時流行のファッションを紹介。

・誕生時の開発ノートや歴代のリカちゃんハウスなどの貴重な資料約70点の公開。

・「SWAROVSKI」など有名ブランド・著名人による「50周年お祝いコラボリカちゃん」を特別展示。

・展覧会オリジナルグッズ約400種類を販売。

※会場により、展示内容・販売商品に変更が生じる場合がございます。

(引用元:リカちゃんオフィシャル情報サイト

リカちゃん展はこれまでに東京や大阪、福岡など色々な場所で開催されており、全国巡回しているところです。

リカちゃん展@明石市立文化博物館レポート

では、さっそくリカちゃん展の感想をレポートします。今回向かった会場は、兵庫県明石市にある明石市立文化博物館。

最寄駅はJRまたは山陽「明石駅」。文化博物館があるのは駅の北側です。北出口をでると横断歩道があるので、そこを渡り、右に曲がって道なりに歩いていきます。

明石市立文化博物館

少し離れていますが、駅から見えているので迷う心配はないでしょう。

リカちゃん展

施設の前につくと、本日の催しという看板がありました。館内には、やはり親子連れが多い印象。入場手続きをすませ、まずは2階の第一会場から見学しました。

第一会場には初代から4代目までのリカちゃんがずらりと展示されています。パネルにはその当時の日本の状況や、ファッション観などが紹介されているので、時代背景を頭に入れながら見てみると、また違った発見があると思いますよ。

ちなみに、一番の驚きはリカちゃんの年齢が11歳だったことですね!(笑)大人びているから、もっと上の年齢だと思っていたのですが、まさか11歳とは……。

このリカちゃん展は第一会場は撮影禁止だったんですが、第二会場は撮影OKとのこと。ということで、リカちゃん展の展示品をほんの少し紹介しますね。

リカちゃん展

こちらはファッションブランドとコラボレーションしたリカちゃん。品のあるお嬢さんという感じで、とっても可愛らしかったです。

リカちゃん展 リカちゃん展 リカちゃん展

浅田真央ちゃん仕様のリカちゃんまで!こちらは、2013年から2014年シーズンの、あの感動的だったフリープログラム「ラフマニノフ作曲『ピアノ協奏曲第2番』」で着用したコスチュームの着せ替え人形。浅田選手自ら監修したという、とっても可愛らしいリカちゃんは、真央ちゃんファンにはたまらないですね♪

リカちゃん展

個人的に一番好きなのが、このリカちゃん。スワロフスキーをあしらった豪華な衣装に身を包んでいて、綺麗なプリンセスという感じ!細かい装飾はもちろんのこと、デザインもとても可愛くて……見ていてうっとりしてしまいました。

リカちゃん展

第二会場には写真撮影にうってつけの、こんな撮影スポットも。なんでも、店頭に並ぶリカちゃんが入っているパッケージをイメージしたもので、「ここに入って撮影すると、あなたもリカちゃん人形になれますよ!」ということだそうです。

行ってみた感想は、やっぱり見ていてテンションがあがる!自分が昔よく遊んだということもありますが、とにかく服や小物のデザインがおしゃれで、「可愛い~!」を連発してしまいました。

うちの娘も「この中だったら、この服がいい」という風に感想を言いながらじっくり見てまわり、楽しんでくれていたようなので、連れていってよかったです。

息子は途中で飽きてましたが、リカちゃんの塗り絵コーナーではお姉ちゃんと一緒に色塗りを楽しんでいました。

リカちゃん展は幼児の料金が無料なので、お人形好きのお子さんがいるファミリーにおすすめの展覧会。「昔よく遊んだ」という方も可愛いリカちゃんを見に、足を運んでみてはいかがでしょうか。

今後のリカちゃん展スケジュール

リカちゃん展は今後、全国を巡回予定とのことです。2018年4月現在、告知されている巡回地は山梨。

  • 会期:2018年7月14日(土)~9月3日(月) ※毎週火曜日休館
  • 営業時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 会場:山梨県立博物館
  • 住所:〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1
  • 連絡先:055-261-2631

なお、今後のスケジュールは公式サイトで随時発表されるようです。「ぜひ行ってみたい!」という方は、サイトを定期的にチェックするか、公式インスタグラムをフォローしておくといいですよ。

明石市立文化博物館の施設情報

明石市立文化博物館外観
  • 住所:〒673-0846 兵庫県明石市上ノ丸2丁目13番1号
  • アクセス:【電車】JR・山陽「明石駅」より北へ徒歩5分 【車】第二神明「大蔵谷出口」より南西へ10分、または第二神明「伊川谷出口」(東行きのみ)より南へ10分
  • 駐車場:あり(1台1時間100円。上限1日1回当たり1,000円※ただし、1時間未満の端数は1時間とする)
  • 営業時間:9:30~18:30(入館は18時まで)
  • 定休日:毎週月曜日(国民の祝日又は休日及び特別展開催期間中を除く)、年末年始(12月29日~1月3日)
  • 料金:大人 200円、大学・高校生 150円、中学生以下無料※特別展・特別企画展会期中は特別料金
  • 連絡先:078-918-5400

 

ランキングに参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です